脱マスクの議論が怖い・・・

最近はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の5類指定とマスク着用の緩和が盛んに議論されているけど、いつの間にやらマスク着用の義務行動制限があったと既成事実化されてるのが恐ろしい。

義務でも制限でもないことを緩和するって発想が出てくるのは頭おかしくないですか。マジで。

確かに私たちは、当然のようにマスクを着用し、政府からの自粛のお願いを受け入れ自らの行動を律してきたわけだけれども、コロナ禍において一度たりとも(法律等により)マスクの着用が義務化されたり個人の行動が制限されていたという事実はないはずです。

にもかかわらず、昨年末には公平公正不偏不党のNHKでさえも「3年ぶり行動制限のない年末」などと言っていたのには違和感しかない。「3年ぶり自粛要請のない年末」とでも言うべきだったのでは?

もっと恐ろしいのは、多くの人たちが疑問を感じていない様子である事です・・・。

というか、この3年の間で「自粛要請」だとか「自粛のお願い」の類いのわけわからんニュアンスの言葉に違和感を感じにくくなっている自分も気持ちが悪い。

今後は「来日外国人が気味悪がるのでマスクの着用を自粛するように」などと要請があるのだろうか。

個人的にはまだまだ先

個人的には脱マスクにメリットを感じないし、マスクのメリットがでかすぎてコロナが収まってもマスクの着用を続けると思う。

コロナ禍でマスクをするようになってから、ニオイ物質のうち微粒子成分の吸い込みを軽減できる事に大きなメリットを感じていて、PM2.5などの有害な化学物質をはじめ知らないおじさんから発せられる謎微粒子状物質を体に取り込むことを防げるのは非常にうれしい。

今後もマスク着用を続けようと思っている方は多いんじゃないかな

コメント

タイトルとURLをコピーしました