トヨタ車のTRC VSCの解除方法(整備モード)

TRC VSCのOFFスイッチがない車両の整備モード移行方法

  1. エンジン停止状態にする。
  2. パーキングブレーキを解除する。
  3. ブレーキペダルを踏みながらエンジンを始動し、ペダルを踏んだまま保持する。
  4. パーキングブレーキペダルを踏み、パーキングブレーキを作用させる。
  5. パーキングブレーキが効いた状態で、ブレーキペダルを“離す→踏む”を2回繰り返し、ブレーキペダルを踏んだまま保持する。
  6. ブレーキペダルを踏んだ状態で、パーキングブレーキペダルを操作して“解除(リリース)→作用(オン)”を2回繰り返し、パーキングブレーキを作用させておく。
  7. 再度、パーキングブレーキが効いた状態で、ブレーキペダルを“離す→踏む”を2回繰り返す。
  8. コンビネーションメータのスリップインジケータランプが点灯することを確認する。(“整備モード”成立の確認)

尚、踏んだり離したりの動作は2回以上であれば有効の模様
これからの季節、砂浜に乗り入れることもあろうかとメモ

おすすめ記事
スパークプラグの適正な締め付けトルク

2GR-FEの技術マニュアルより えっ? Read more

自動車用バッテリーの最適な補充電方法の考察

数年間使い込んだバッテリーを一般ユーザー Read more

自動車損保は0:100にしたがらない?

幸いなことに、これまで加害事故(自車の過 Read more

やってはいけないバッテリーメンテナンス

バッテリーの液レベルは、見ないふりするの Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です