古いバッテリーの復活作戦 その3

バッテリーの復活を試みて(参考)きたけど、ついにCCA700台(新品時は確か850位)にまで回復することが出来ました。
まだやるんかいってねw

充電後一晩経ってから計測

2013年12月26日製造、2014年5月に購入し5年弱の間使用したD26でこの数値はなかなか良い。めんどくさくて車に載せていないけど、当分の間は普通に使えると思う。
ちなみに、交換用に購入したパナソニックのカオスC7 N-100D23Lでは新品時600もなかったので、ここまで復活されると複雑な気持ちになってしまう。

バッテリーの交換目安は2年とか3年と言われてるけど、適切な管理をすればもっと永く使えるはずだ。捨てるつもりだったバッテリーでさえこれだもの。

おすすめ記事
自動車損保は0:100にしたがらない?

幸いなことに、これまで加害事故(自車の過 Read more

やってはいけないバッテリーメンテナンス

バッテリーの液レベルは、見ないふりするの Read more

SNSやYouTubeで話題?の丸山モリブデン

通称「丸山モリブデン」という二硫化モリブ Read more

GRPとは何なのか

自動車趣味の間で話題となりがちなエンジン Read more

One thought to “古いバッテリーの復活作戦 その3”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です