古いバッテリーの復活作戦その2

前回の古いバッテリーの復活作戦に続きバッテリーの復活を試みるのだけど、前回30時間ほど6A定電流充電したあとガスが落ち着くまでインターバルをとったところ300mlほど液が減っていた。

仮に流し込んだ電流が全て電気分解に寄与した場合は360ml減っているはずなので、60ml分つまり30Ah程度は充電されたことになるのかな。

その後、問題のセルは数時間ほどの追充電で1.22→1.26まで回復したのだけど写真を撮り忘れてしまった。こいつはうっかりだ。

CCAは696
上がった時は150とかそんなもんだったので上出来だろう。というかこの時よりも良好な数値だ。

もうしばらく使えそうだし、比重ももうちょい何とかなる気がするけど、重いバッテリーを持ち運んだりして腰にダメージが来たのでここらへんでヨシとしたい。

パルス充電とはなんだったのか

Dr.CH○RGERで何度試みても回復しなかったバッテリーが復活したのは嬉しいけど、謳い文句に釣られて購入した身としては何だかなあって感じ。

古いバッテリーの復活作戦 その3 へ続く

おすすめ記事
自動車損保は0:100にしたがらない?

幸いなことに、これまで加害事故(自車の過 Read more

やってはいけないバッテリーメンテナンス

バッテリーの液レベルは、見ないふりするの Read more

SNSやYouTubeで話題?の丸山モリブデン

通称「丸山モリブデン」という二硫化モリブ Read more

GRPとは何なのか

自動車趣味の間で話題となりがちなエンジン Read more

One thought to “古いバッテリーの復活作戦その2”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です