GIGABYTEマザーのBIOSバージョンダウン

グラフィックボードとの相性が悪い

GA-Z68MA-D2H-B3 rev1.0で組んだ古いPCを延命するべくグラボを追加したんだけど、すこぶる不調なので原因切り分けのためBeta版のUEFI(U1C)から安定版のBIOS(F10)へ戻そうとするが、GIGABYTEのツールであるQ-Flash、@BIOS、FLASHSPIではバージョンダウン不可だった。

何か方法があるはずとググってるうちに、GPTパーティションからブートしている事を思い出して、GIGABYTEマザーに採用されている「ハイブリッドEFIテクノロジーって何だっけ?普通のBIOSなんだっけ?UEFIなんだっけ?GPTパーティションからブートできるんだっけ?」と気になりだしてかなりの時間をロスしてしまった。

従来の、いわゆるBIOSだとMBRに変換せねばならないので、最悪だと再インストールになってしまう。

小一時間悩んだ結果、F10でもGPTパーティションEFIブート出来る事が判明。っていうかしてたの思い出したw

Intel Flash Programming Tool

Intel Flash Programming Toolを採用しているZ68チップセットマザーのBIOSのZIPファイル(私はFOXCONN Z68A-Sのやつから拝借)から、fpt.exe fptcfg.ini fparts.txtの3つを抜き出し、上書きしたいGA-Z68MA-D2H-B3 rev1.0のBIOSファイルとともにDOS起動ディスクというかUSBメモリに放りこんでブート

コマンドラインで fpt.exe /f  BIOSファイル名

DOSブートせねばならん時にRufusは神ツールだとしみじみ思う

で、アレコレやった結果、苦労と試行のグラボが不良だったっていうオチでした・・・

おすすめ記事
ノートパソコンの電池交換

もっぱらRDPクライアントとして使ってい Read more

ATOK PASSPORTはどうなのよ

JUSTSYSTEMのユーザーページで確 Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です