とんでもなく速かった12世代 core i7-12700 PBPってなによ

core i7-12700の電力上限はPBP=65W MTP=180Wのはずなんだけど、マザーボードPRIME B660-PLUS D4のデフォルト値がおかしい。というか、おかしいのかどうかもよくわからない。

サブ機用に買ったASRock B660M Pro RSではデフォルトでPBP=65W(MTPは忘れたけど180W以上だった気が)になっていた。

Auto値であるPBP165W/MTP241Wで恐る恐るぶん回してみるが実際の消費電力が165Wを超える事はなかった。

メーカーによってデフォルト値の考え方が違うのか、自作erらしく自分で熱設計してねって事なのか知らんけど、PBPをマニュアルで設定できると言うことは、KなしのCPUでも実質的にオーバークロック出来るって事なのか。

Cinebench R23

とりあえずサーマルスロットリングを信じて、Auto(実質無制限)でCinebench R23を実行してみると余裕で21000ptsを超えてしまい、11th core i9-11900と遜色ない、むしろ上回る結果となった。こりゃすごいぞ。それでいて空冷CPUクーラーで80度程度に収まるのは本当に優秀だと思う。

ちなみにPBP65W制限だとマルチスレッドのスコアは16900pts程度まで落ち込むが、CPU温度は50度以下という安心安全仕様。

PBPMTPCPU消費電力CPU温度Cinebench R23
65W18065W50度以下16900
実質無制限実質無制限140W80度前後21600

消費電力54%減でも性能の落ち込みは22%に留まるという定格時の省エネ感は特筆すべき

仕様通りのPBP65W/MTP180Wでも実感できる高性能だし、実質無制限の謎デフォルト値でも実用に耐えると思うけど、余裕を持って冷やしきれるPBP値を模索したい。

予算をケチって11thで組むプランもあったんだけど回避して良かった本当に。

K付きの場合にはPBPにMTPと同じ数値を設定するのがセオリーらしいが、Kなしだとどうなんだろうね。

試行錯誤の結果

CPUクーラー虎徹の冷却能力は110W位までなら安定して放熱出来る感じ。当然ながら室温も関係してくるので季節によって見直す必要があるかも。

にしてもPL1を自由に変更できるってのは定格の意味ないんじゃねーのかな??マザーによるのかな?

しばらく遊べそう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。