とんでもなく速かった12世代 core i7-12700 PBPってなによ

5.0

最近のintel CPUではTDPに代わってPBP(Processer Base Power)とMTB(Maximum Turbo Power)いうもんが使われている。PBPってのは要するにTDPと似たようなもんでTDP=PL1=PBP、PL2=MTBは一時的に許容する最大電力という理解でだいたい合ってると思う。

久々の組み替えで勝手がよく分からない

SandyおじさんとかHaswellおじさん達はこの辺の違いに一瞬戸惑うのではなかろうか。

core i7-12700ではPBP=65W MTP=180Wのはずなんだけど、マザーボードPRIME B660-PLUS D4のデフォルト値がおかしい。というか、おかしいのかどうかもよくわからない。165W/241Wだなんて相当なもんだろ?

ちなみにサブ機用に買ったASRock B660M Pro RSではデフォルトでPBP=65W(MTPは忘れたけど180W以上だった気が)となっていた。

とりあえずAuto値であるPBP165W/MTP241Wで恐る恐るぶん回してみるが実際の消費電力が165Wを超える事はなかった。つまり実質的にはUnlimitedだ。今のところKナシの意義がわからん。

メーカーによってデフォルト値の考え方が違うのか、自作erらしく自分で熱設計してねって事なのか知らんけど、PBPやMTBがロックされず自由に設定できると言うことは、non-KのCPUでも実質的にオーバークロックというかオーバークロックとは違うがブン回せるって事なのかね。

created by Rinker
インテル
¥48,980 (2024/07/15 11:00:04時点 Amazon調べ-詳細)

Cinebench R23

とりあえずサーマルスロットリングを信じて、Auto設定(実質電力制限なし)でCinebench R23を実行してみると余裕で21000ptsを超えてしまい、11th core i9-11900と遜色ない、むしろ上回る結果となった。こりゃすごいぞ。それでいて空冷のCPUクーラー虎徹で80度程度に収まるのは本当に優秀だと思う。

ちなみにPBP65Wだとマルチスレッドのスコアは16900pts程度まで落ち込むが、CPU温度は50度以下という安心安全仕様。

PBPMTPCPU消費電力CPU温度Cinebench R23
65W18065W50度以下16900
実質無制限実質無制限140W80度前後21600

PBP=65Wでは無制限時に比べ消費電力54%減でも性能の落ち込みは22%に留まるという省エネ感は特筆すべきで、non-Kの本懐はここにありって感じがする。

仕様通りのPBP65W/MTP180Wでも実感できる高性能だし、実質無制限の謎デフォルト値でも実用に耐えると思うけど、余裕を持って冷やしきれるPBP値を模索したい。

予算をケチって11thで組むプランもあったんだけど回避して良かった本当に!

試行錯誤の結果

CPUクーラー虎徹の冷却能力は110W位までなら安定して放熱出来る感じ。当然ながら室温も関係してくるので季節によって見直す必要があるかも。

にしてもあれだ。定格ってなんだっけ??

なんにせよ、こいつはしばらく遊べそうだ

E-coreの性能

簡易的にE-coreのみを使用する設定にしてCinebench R23で測定するとマルチのスコアは3200でcore i5-4590(Haswell)のマルチと同じ位、CPUの電力はCore Temp読みで25W以下だった。測定環境を整えずにさくっと一周回しただけなのであくまでも目安だけれども。

UEFI(BIOS)でP-coreを無効にする事も出来るが、手軽にE-coreだけを動かす方法はこちらを参考に、異種ポリシーを2、各スレッドポリシーを効率のよいプロセッサに設定するといけるはず。
試してないけどWindows11でもできるんじゃないかな。


やはり大問題に・・・

13,14世代のIntel CPUにおいては過大な電力設定がされる事によりCPUがジワジワとブッ壊れるという事態が相次いでるそうで、その対策としてIntel Default SettingsというIntel推奨設定が適用されたUEFI BIOSが各マザーボードメーカーから配布されている。

旧い環境から12世代に乗り換えた当初は当記事冒頭あたりでも触れたようにマザーボードのデフォルト電力設定が大盛りというか実質的に無制限、信頼性が高いであろうPC関係のメディア記事等においても無制限で使う前提のような話が多くて大変に戸惑った。「コレで良いの?Intel公認なの?大丈夫なの??」と恐る恐る試していたわけだが、10~12世代の優れた電力制御(特許侵害により13世代以降では使われていない)によりセーフだったという事らしい。

普通に考えて、当初からIntelが安全な基準値を示しマザーボードメーカー各社がそれに準拠したデフォルト値を設定するべきだったんじゃないかなと思う。その上でユーザーが自己責任のもとマージンを削ってチューニングするというのがあるべき姿だったのかなと。

Intelの対応が今後どうなるか注目したい

コメント

タイトルとURLをコピーしました