大型免許危機一髪

大型の免許の更新時適性検査で深視力検査が通らず、急遽眼鏡を作ることになったのだが、それだけでも若干の焦りが出るのに、大型を更新できないと新普通免許(3.5トンまで)になるんだと聞かされて大焦り。

大型を落としても以前の普通免許(8トン限定中型免許)に戻るものだと思っていたよ。

大型免許を取る前に知りたかった。

そんなん知ってたら大型免許なんか取らんかったわ。

いつからそうなのよ?

  • 2007年の改正以降に大型免許を取得かつ大型2017年の改正後に大型免許を失効すると普通免許(3.5tまで)になる。
  • 2007年の改正以降に大型免許を取得かつ大型2017年の改正前に大型免許を失効すると準中型免許(5t限定)になる。
  • 2007年の改正前に普通免許と大型免許を受けている人が大型免許を失効すると中型免許(8t限定)になる。

たぶんこうだ。

大型免許を持っていてかつ今でも「中型車は中型車 (8 t) に限る」記載が残ってるご老体は深視力検査に落ちて大型免許を失効しても8トン限定中型免許は残る。

とりあえず、眼鏡使用で深視力はパスしたんだけれども、条件には眼鏡等(大型車中型車準中型車旅客車けん引車に限る)との記載が追加された。

大型免許を失効して初めて中型の表記が普通へと書き換えられるらしいが、免許の効力では既に中型免許(8t限定)+大型免許ではなく大型免許+普通免許(3.5t未満)となっていて、現状3.5t以上に乗れるのは大型免許の範囲なのでメガネが必要という事なのだろう。

免許センターや交番の方など警察関係の人たちもイマイチ理解が浅いようだった。

中型免許(8t限定)はすでに無い

この話をややこしくする最大のポイントは、免許証に中型の記載が残っているところにあると思う。

いま俺が大型免許を失効すると、中型免許でも中型免許(8t限定)でも準中型(5t限定)でもなく普通免許(3.5t未満)になる。要するに元の普通免許が失効時の普通免許になるってことだ。

いや、考えてみれば当たり前といえば当たり前かもしれない。
しかしややこしい。なんでこうした?中型の記載を残す理由は??直感的にはわかりにくいだろ。

にしても、お爺ちゃんお婆ちゃんだけ大型を失効しても8t限定が残り続けるのは納得がいかんなあ。

何でこんな事が引っかかったのかというと、まず車庫入れ苦手の妻が4トントラックに乗れて俺が乗れなくなるかもしれないのはおかしいという、何となく癪に障る理由もあるけど、「資格」欄に免許を記入するような場合に実質的に大型+普通免許(3.5t未満)なのに中型免許と書くとウソになるんじゃないかと思った事だ。

上位免許を取得するという事は、現状の免許に加えて乗れる車の範囲が広がるものだと思っていたのだけれど、そうではなかった。

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました