プロバイダの乗り換え

いま使ってる@niftyで2年契約の更新期間となったので、乗り換え先のBIGLOBEでオンラインサインアップしようとするもNTTのお客様IDが間違ってるとのエラーが出てしまう。

お客様ID(回線ID)が間違っています。

いや、間違ってねーし!!
こちとらこんなこともあろうかとTXTファイルにメモってあるんですよ。

いや、まさか本当に違うのか?と、どこかにあるはずのフレッツの契約書類を小一時間探し回っても発見できず、そうだHGWの箱に何かあるはずと物置を必死にかき分けてお客様IDの記載がある控えを見つけた。

うすい

これだから感熱紙は嫌いだ
大事なところに限って読めない

あちらこちら探し回ってついにHGW本体に書いてあるのを発見した

きたない

くそが

結局お客様IDは合っていてBIGLOBE様が間違っていたことが判明したけど、直感的にエラーメッセージの原因は他にあるっていうかv6プラスにあるような気がしてググりまくると似たような事例がチラホラ見られた。

ほんならv6プラス解除してからやれば良いだろうと@niftyのお客様ページから手続きしてv6プラスの接続が無効化されたのを確認してから再度BIGLOBEでサインアップするんだけど

またコレ

正直イライラしちゃう。何なのさ。
よほどの確信が無い限り断定めいたエラーメッセージは出すべきじゃないと思う。
精々「かもしれません。」程度にとどめて欲しい。許すまじ疲労感。
謎のエラーに翻弄され「何で?何で?」となっていたほうが健全であろう。

「もう乗り換えは諦めてこのまま@niftyで行こう!あ、v6プラス戻さなきゃ」↓

v6プラス接続の解除そのものは数十分程度で反映されるがユーザー情報はなかなか更新されない様子。
IPv4PPPoEの接続しかない現状の通信速度は耐えがたいほど遅い。
遅いと言うことは未だに耐え忍ぶユーザーが大勢いるという事なのか??

結局、数時間後に@niftyで再度v6プラスの申し込みが可能になり、BIGLOBEのほうでもNTTのお客様IDが認識されるようになったけど、なんかめんどくさくなったので@niftyのまま行くことにする。

@niftyでv6プラス・IPv6接続オプション、要はIPoE接続を解除してユーザー情報が反映されるまで(半日以上?)待ってBIGLOBEでのサインアップを行えばすんなりいったんだろうと思う。
振り返ってみればなんてことない、BIGLOBEのエラーメッセージがもうちょっと親切だったらヤキモキせずに済んだよね。

IPoEが絡んだプロバイダ乗り換えは一筋縄でいかない事があるので、ネットが遅くなることに耐えられない人は段取りを考えてやりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.