デジタル庁(仮称)は失敗する

仮称とはいえ、デジタル庁なんて思い浮かぶ時点で何をしたいのかモヤっとしていて、失敗するのが目に見えてる。

デジタル改革と称して、行政のデジタル化教育のデジタル化などを標榜してるが、要するにIT政策だ。

既に世の中にITは浸透してるわけで、さらに発展させようと思うなら障害となるジジババ国会を何とかするしかないと思うんだけど、そんなことは日本で可能なのか。

どうしたら世の中が良くなるのかと考えることがあるんだけど、参政権に年齢上限を設けるのが一番合理的だと思う。あるいは、1票の重みを世代毎に変えるとか。どうするにせよ多勢のジジババがジジババを支持する構図は国にとってなんのメリットもないように思うんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.