カオスの謎シート

2018年の11月頃から使用中のバッテリー、カオス C7 N-100D23Lだけど、水蒸気圧コントロールシートは本当に効果があるのか?と、かねて疑問に思っていたので試しに使用開始時からを引っ剥がしていたんだけど、電解液量はどうなっているだろうか。

インジケーターの点検は時々していたものの、フタを開けてみるのは約2年ぶり。

水蒸気圧コントロールシートの原理(たぶん)

バッテリー本体の通気孔と外気との間に緩衝地帯を設ける事で、バッテリー内部の水が外気に奪われるのを防いでいる。

例えば、バッテリー内部の湿度100%→バッテリーとシートの間70%→外気50%という具合に、通気孔が湿度50%の外気に曝されるよりは蒸発が抑制されるという事ではなかろうか。

カッパを着るとムレムレになるのと同じ事、端的に言えば防風カバーだろう。

ほぼ減っていない

ピントが合いにくく見辛いが、液量のガイドと液面が接して表面張力でウニーンとなっており適量であることが確認できる。他の槽にも違いはなかった。

開放式バッテリーの宿命として全く減らないはずがないので「ほぼ減っていない」としたけど、見たところ新品の時と液面に変化がなかったように思う。

意味あんのコレ?

自分の車では効果を実感出来なかったので、いったいどういう場面で減液抑制効果が発揮されるのかと想像してみたんだけど、たぶんエンジンルーム内での空気の通り方と関係がある気がする。

バッテリー付近の風通しが良い車ほどバッテリー液が減りやすいとかあるのかも。

実際の所どうか知らんけど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.